アクセスカウンター
  ShaRiR Shuddhi

2013年11月24日

今、農法とは関係なく殆どの作物は不自然な種からできている

今、農法とは関係なく殆どの作物は不自然な種からできている

 前回の投稿では、「日本で最も注意すべき危険な食べ物は油です」という題で、その第一要因である「トランス脂肪酸(油の一種)の危険性」について書きました。今回はその続きで、「遺伝子組み換え(GM)作物と、食用油への影響」について書くつもりでした。

 実際、遺伝子組み換え作物について調べていると、栽培面積は非常に増加していました。
 作物の種類としては大豆・じゃがいも・なたね・とうもろこし・綿・てんさい(砂糖大根)・アルファルファなどで、特に大豆、トウモロコシ、なたねがその主力で、2012年の時点で全世界の作付面積において、大豆の75%、トウモロコシの32%、カノーラ(なたねの一種)の26%がGM品種と報告されています。
 日本ではほとんど栽培されてはいませんが、GM作物の輸入量は、世界でもトップクラスのようです。
 しかしながら農産物全般において詳しく見ると、遺伝子組み換えとは別の品種改良の一種で、雄性不稔株を用いたF1種が、今日急速に広まっており、より多くの種類で多用されていることが判りました。
 この種は、品種改良の一種であるから特に問題はないだろうと思っていたのですが、さらに調べると栄養的に問題があるだけでなく、雄性不稔株という人間で言うと無精子症を持っていることが判りました。
 現在多くの野菜でこのような特性を持った農作物が沢山流通し、さらにその種類は、増えており、日本の主食であるお米にも広がろうとしています。
 ところがその危険性については、ほとんど話題に挙がることもなく、検証されることもありません。実際にはいろんな問題点や危険をはらんでいる可能性があります。

 遺伝子組み換え農作物はもちろん危険な作物で、大きな問題を抱えていますが、今回はこの雄性不稔のF1種の情報を先に取り上げることにします。

雄性不稔株を用いたF1種とは
 まずF1種とは、“first filial generation”の略記で、同じ種(しゅ)であるが品種が異なるものを人為的に掛け合わせて作った雑種で、その1代目を意味します。
 種(しゅ)とは、植物分類学では交雑して正常に子孫ができる範囲のグループをいい、その範囲の中で異なるタイプのものを品種(ひんしゅ)といいます。野菜でいえば、ネギとかレタスというのが植物学上の種(しゅ)の名で、九条太とか極早生シスコというのが品種名です。
 F1種から作った作物は、「雑種強勢」により大柄だったり、生育が早かったりします。またメンデルの「優性劣性の法則」で優性形質だけが現れるため、形も均一のものが出来ます。同じ期間で同じ様に育つことから一斉に収穫することが可能で、商業的には優れています。
 ただし2代目以降は、メンデルの「分離の法則」が働き、形がまちまちに分かれてしまいます。市場やスーパーで売られる野菜は規格が決まっており、規格外の商品は絶対に売れない為、F1種は、毎年購入する必要があります。実際規格通りの野菜を継続的に作るために、殆どの農家の方々は、F1種を毎年購入して利用しているそうです。
 次に雄性不稔についてです。
 F1種を作るためには、雄しべが花粉を作る前に人工的に取り除き、雌しべには同種ではあるが別の品種の花粉を受粉させていました。このような工程において除雄作業のある時、雌しべは普通に機能するけれど雄しべに健全な花粉ができない為、自分の花粉では受精できない株が発見されました。
 これを雄性不稔の株と言います。
 この株を利用すると除雄作業を行わなくてもF1種を収穫することが出来、大変効率的であることから、現在はF1種を作る為に、一般にこの雄性不稔株が母親役として使用されています。
 具体的には雄性不稔株を母親役として並べて植え、その隣の列に花粉ができる異なった品種の株を父親役として植え、ミツバチを使って受粉させます。このようにして雑種1代(F1)の種が作られます。
 しかしながら雄性不稔とは、ミトコンドリアの遺伝子の異常により発生する突然変異で、母系遺伝する為出来たF1種も、また雄性不稔の性質を持つことになります。
 つまり雄性不稔の株を用いて出来たF1種は、その栽培された作物も、花粉ができない性質を受け継いだ、言わば無精子症の植物となります。
 とはいえ現在世界中の種子生産業者は、野菜の雄性不稔株を見つけることに必死です。なぜなら花粉が出ない雄性不稔植物は、花粉から遺伝子を盗まれることもなく、その業者が発見した雄性不稔株を利用したF1種を、毎年自由な値段で農家に売ることが出来るからです。
続きを読む
posted by シャリール at 10:54| Comment(0) | 食品の危険性